Al 3003 粉末

Al 3003粉末は、アルミニウムとマンガンを主成分とするアルミニウム合金粉末です。アルミニウム合金の3xxxシリーズに属し、優れた加工性と耐食性で知られています。粉末状であるため、取り扱いや加工が容易で、様々な製造技術に適しています。

迅速な配達
高い真球度
高品質
小さなMOQ
この製品を共有する

商品説明

Al 3003パウダーとは?

Al 3003粉末は、アルミニウムとマンガンを主成分とするアルミニウム合金粉末です。アルミニウム合金の3xxxシリーズに属し、優れた加工性と耐食性で知られています。粉末状であるため、取り扱いや加工が容易で、様々な製造技術に適しています。

組成と特性

Al 3003粉末の主成分はアルミニウム(約98.6%)とマンガン(約1.2%)です。マンガンの添加は合金の強度を高め、耐食性を向上させます。この組成により、Al 3003粉末は優れた機械的特性を持つ軽量材料が要求される用途に理想的な選択肢となります。

この合金は優れた成形性を示し、強度を損なうことなく様々な形状に容易に成形することができます。さらに、Al 3003粉末は優れた熱伝導性と電気伝導性を有しており、効率的な放熱や電気伝導を必要とする用途に適しています。

製造工程

Al 3003粉末の製造にはいくつかの工程がある。高純度アルミニウムの溶解とマンガンの添加から始まる。その後、溶融合金をガスまたは水を用いて霧状化し、微粒子を形成します。これらの粒子はその後、所望の粒度分布を得るために集められ、選別され、分級される。得られたAl 3003粉末は、焼結、積層造形、粉末冶金などの様々な技術によってさらに加工することができる。

Al 3003粉末の用途

自動車産業

Al 3003 粉末は、自動車産業で幅広く使用されています。その軽量性と優れた耐食性により、熱交換器、ラジエーター、コンデンサー、エバポレーターなどの自動車部品の製造に理想的な材料となっています。粉末の形状は、複雑な設計と複雑な形状を可能にし、自動車システムの効率と性能の向上を可能にします。

建設部門

建築分野では、Al 3003粉末は軽量構造部品の製造に利用されている。強度対重量比が高いため、耐久性、耐食性、加工のしやすさが不可欠な用途に適しています。一般的な用途としては、屋根材、ファサード、窓枠、建築パネルなどがあります。

電気産業

その優れた導電性により、Al 3003粉末は電気産業で広く使用されている。導電体、バスバー、コネクター、ヒートシンクの製造に利用されています。粉末の形状は、複雑な形状や複雑なアセンブリの製造を容易にし、効率的な電気性能と放熱を可能にします。

包装と容器

Al 3003 粉末は、包装・容器産業でも広く使用されています。その耐食性、軽量性、成形性により、飲料缶、食品容器、エアゾール缶の製造に理想的な選択肢となっています。粉末状であるため、効率的な生産工程が可能で、カスタマイズされたパッケージング・デザインの作成が可能である。

Al 3003 粉の利点

軽量かつ高強度

Al 3003 粉末は、軽量性と高強度特性の優れた組み合わせを提供します。そのため、構造的完全性を損なうことなく軽量化が重要な用途に最適です。合金の軽量性は、輸送における燃費効率に貢献し、様々な産業においてより容易な取り扱いと設置を可能にします。

優れた成形性

優れた成形性を持つAl 3003粉末は、複雑な形状や複雑な形状に容易に成形することができます。これにより、特定の要件に合わせたカスタマイズ部品や構造の製造が可能になります。この合金は、圧延、押出、または積層造形のようなプロセスで成形することができ、設計の柔軟性とコスト効率の高い生産を実現します。

耐食性

Al 3003粉末は、特に高湿度や腐食性物質にさらされる環境において、優れた耐食性を示します。この特性は、この合金で作られた部品の寿命と耐久性を保証し、メンテナンスコストを削減し、様々な製品の寿命を延ばします。

メンテナンスと取り扱いのヒント

Al 3003粉末を使用した部品を最適な性能で長持ちさせるには、適切なメンテナンスと取り扱いが不可欠です。ここでは、いくつかのヒントを紹介します:

  1. 定期的に、刺激の少ない石鹸水と柔らかい布で表面を拭いてください。
  2. 表面を傷つける可能性のある研磨剤入りのクリーナーやスクラビングパッドの使用は避けてください。
  3. 耐食性を高めるため、保護コートや塗料を塗る。
  4. 湿気がこもらないように、部品は乾燥した風通しの良い場所に保管してください。

結論

Al 3003粉末は、幅広い用途に適した優れた特性を持つ、汎用性の高いアルミニウム合金粉末です。その軽量性、優れた成形性、耐食性により、自動車、建築、電気、包装などの産業で理想的な選択肢となっています。Al 3003パウダーの利点を活用することで、メーカーは製品の性能を高め、軽量化し、全体的な効率を向上させることができます。

よくあるご質問

  1. Al 3003パウダーは屋外での使用に適していますか? はい、Al 3003粉末は優れた耐食性を示し、環境要素にさらされる屋外用途に適しています。
  2. Al 3003パウダーはリサイクルできますか? もちろんです!Al 3003パウダーを含むアルミニウム合金はリサイクル性が高く、環境に優しい素材です。
  3. Al 3003粉末の一般的な貯蔵寿命はどのくらいですか? 適切に保管された場合、Al 3003 粉末は数年間の保存が可能です。湿気や極端な温度から保護することが重要です。
  4. Al 3003粉末は溶接プロセスに適合しますか? TIG(タングステンイナートガス)溶接やMIG(金属不活性ガス)溶接など、さまざまな溶接技術でAl 3003粉末を溶接することができます。
  5. Al 3003パウダーによる健康被害はありますか? いいえ、Al 3003 粉末の取り扱いおよび使用は安全です。ただし、取り扱いおよび加工時には、標準的な安全注意事項に従う必要があります。

PREPシステム

AMパウダー

製品メニュー

お問い合わせの送信

ご質問は?今すぐメッセージをお送りください!私たちはあなたのメッセージを受け取った後、チーム全体であなたの要求を提供します。 

アプリケーション

業界における私たちの役割

HIPテクノロジー

熱間静水圧プレス(HIP)技術は、製品を密閉容器に入れ、不活性ガスを充填し、非常に高い温度(通常は材料の鍛造温度に近い)と非常に高い圧力(通常は100~140MPa)で製品を焼結または緻密化することによって機能する。これにより、製品を焼結または緻密化することができる。

MIMテクノロジー

MIM製品は、複雑な形状、正確なサイズ、高い強度を持ち、自動的に大量に生産することができるため、従来の金属加工の複雑さとコストを大幅に削減することができる。

SLMテクノロジー

SLMはSelective Laser Melting(選択的レーザー溶融)とも呼ばれ、原理的にはSLSと同様で、レーザーを使って金属粉末を特定の領域で溶融・凝固させ、それを層ごとに積み重ねて成形する。

EBMテクノロジー

電子ビーム溶解とは、高真空下で金属を溶解するための熱源として、高速電子ビーム流の運動エネルギーを熱に変換する真空溶解法を指す。略称はEBM。

人気サービス

プロフェッショナル・サービス
積層造形用

各種製品

ここでは、40以上のグレードの高品質パウダーを提供しています。

3Dプリンティング

SEBM&PREPの技術と設備。

カスタマイズ

OEM/ODMを受け入れる

ノーリスク

完璧なサプライチェーン・レイアウト

高品質

トップセールスと品質

適正価格

高品質な製品をリーズナブルな価格で

お問い合わせを送信

弊社製品にご興味をお持ちいただき、誠にありがとうございます。お見積もりやご協力のお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームよりお気軽にお寄せください。24時間以内に担当者よりご連絡させていただきます。 

small_c_popup.png

話をしよう

お問い合わせ

small_c_popup.png

話をしよう

お問い合わせ