AlSi7Mg 粉末:特性、選択、適用

AlSi7Mg粉末の概要

AlSi7Mg粉末は、約7%のシリコンと0.3~0.45%のマグネシウムを含むアルミニウム合金粉末です。選択的レーザー焼結(SLS)や直接金属レーザー焼結(DMLS)のような金属積層造形プロセスに広く使用され、軽量で高強度、熱特性に優れたアルミニウム部品を製造します。

AlSi7Mg合金粉末の主な特徴は以下の通りである:

  • 高い強度対重量比
  • 良好な耐食性
  • 優れた熱伝導性
  • 優れた寸法安定性
  • 複雑な形状にも対応
  • ダイカストに似た表面仕上げ

AlSi7Mgは、軽量性と性能が重要視される航空宇宙、自動車、工業用途に最適な材料と考えられている。AlSi7Mg粉末で作られた部品は、従来製造されてきたアルミニウム部品に取って代わることができ、より自由な設計が可能になります。

AlSi7Mg粉末の種類

積層造形に使用できるAlSi7Mg粉末にはいくつかの種類がある:

パウダータイプ説明特徴
AlSi7Mg0.6標準グレード良好な展延性、最適化された粒度分布
AlSi10Mg高いケイ素含有量硬度と耐摩耗性の向上
AlSi7Mg0.6 EOSEOSマシン用に最適化優れた流動性と展延性

AlSi7Mg粉末の特徴

以下にAlSi7Mg粉末の代表的な特性と特徴を示す:

パラメータレンジ
粒子径15-45ミクロン
流動性素晴らしい
見かけ密度1.2-1.8 g/cm3
タップ密度2.2-2.7 g/cm3
残留酸素量< 0.5%
残留窒素含有量< 0.3%
残留炭素量< 0.1%

AlSi7Mg部品の用途

AlSi7Mgは一般的に以下のような部品の製造に使用される:

申し込みコンポーネント例メリット
航空宇宙ブラケット、エアダクト、熱交換器軽量、耐食性
自動車サスペンション部品、トランスミッションケース高強度、熱安定性
インダストリアルヒートシンク、ロボット部品、金型寸法精度、熱伝導率
消費者ドローン部品、スポーツ用品複雑な形状、表面仕上げ
AlSi7Mgパウダー

AlSi7Mg 粉末の指定

積層造形用のAlSi7Mg粉末は、最適な性能を得るために特定の化学組成と粒子形態の仕様を満たす必要がある。

化学組成

AlSi7Mg粉末の典型的な化学組成限界は以下の通りである:

エレメント重量 %
アルミニウムベース
シリコン6-8%
マグネシウム0.25-0.45%
< 0.55%
< 0.05%
マンガン< 0.45%
ニッケル< 0.05%
亜鉛< 0.10%
リード< 0.05%
< 0.05%

ケイ素とマグネシウムは、強度、硬度、溶接性を高めるために意図的に添加されている。不純物元素の制限は、パウダーの品質を保証するのに役立ちます。

粒子の形態学

粒度分布、形状、流動特性は、粉末の広がりと溶融の挙動を決定する:

  • 粒子径15~45ミクロン、正規分布
  • 滑らかな表面を持つ球状の形態
  • 見掛け密度:1.2~1.8g/cm3
  • タップ密度:2.2~2.7g/cm3
  • 流量:25~35秒/50g
  • ハウスナー比:1.25~1.5

AlSi7Mgの設計と印刷パラメータ

AlSi7Mg粉末を使用したコンポーネントの設計と3Dプリントに使用される代表的なパラメータを以下に示します:

パラメータ代表値
レイヤーの厚さ20-100ミクロン
レーザー出力180-400 W
スキャン速度800-2500 mm/s
ハッチの間隔0.1-0.2 mm
サポートオーバーハングに必要
熱処理T6テンパー
  • 余分な粉を取り除けるように、複雑さをコントロールする必要がある。
  • 最小肉厚0.3~0.4mmを推奨
  • 粉末除去、熱処理、仕上げなどの後加工が必要

AlSi7Mg粉末のサプライヤー

添加剤製造用に高品質のAlSi7Mg粉末を提供する評判の良いサプライヤーは数多くある:

サプライヤー説明
エーピーアンドシー幅広いAl合金、グローバルなプレゼンス
カーペンター添加剤少量から大量まで入手可能
イーオーエスEOSマシンに最適化されたOEMパウダー
LPWテクノロジーカスタム合金可能、高純度
サンドビック・オスプレイ大手サプライヤー、グローバル流通ネットワーク

AlSi7Mg粉末の一般的な価格は、100kg以上のご注文で$80-100/kgの範囲です。それ以下の数量は50-100%の高価格となります。

金属プリンターの設置、操作、メンテナンス

インストール

  • プリンターを安定した平らで水平な場所に設置します。
  • 室温を20~25℃に保ち、温度変化を最小限に抑える。
  • 加湿器を20~70%に保ち、粉体を取り扱う
  • 必要に応じて圧縮空気または窒素を供給する。
  • 周囲条件が変化する場合は、補助的な冷房または暖房を設置する
  • 粉体リサイクルシステムと後処理ステーションのセットアップ

オペレーション

  • メーカーによる定期的な校正、品質チェックの実施
  • 製造中の部品の目視検査
  • 部品形状、品質ニーズ、材料に基づいた推奨パラメータを使用する。
  • ビルドチャンバーの温度、酸素レベルなどをモニターする。
  • パウダーをふるいにかけ、ブレンドする。
  • 粉体の取り扱い中に湿気にさらされないようにする

メンテナンス

  • 毎日、毎週、毎月のメンテナンス・スケジュールに従う
  • パウダーがこぼれないよう、マシンとビルドチャンバーを清潔に保つ
  • リコーターブレードやフィルターなどの重要部品を定期的に点検する。
  • エラーや異常を監視し、ログブックに記録する。
  • メンテナンスマニュアルに従って可動部に注油する。
  • センサーとレーザーの定期的な検証、校正
  • OEM技術者による予防メンテナンスのスケジュール

安定した高品質の3Dプリントパーツを実現するには、適切な設置、操作、メンテナンスが不可欠です。

AlSi7Mg粉末のサプライヤーを選択する方法

ここでは、金属AMアプリケーションのニーズに合わせて評判の良いAlSi7Mg粉末サプライヤーを選択するためのヒントをいくつかご紹介します:

  • 参加資格 - サプライヤーは、AMパウダー製造に特化したAS9100/ISO品質認証を取得していること。
  • 技術力 - 合金のカスタマイズ、粒子特性の変更、アプリケーションテストの実施能力
  • 品質管理 - サプライヤーは、各粉末ロットについて厳格な品質管理およびサンプル検査プロトコルを有していること。
  • 業界経験 - AM産業へのパウダー供給年数、顧客ベース、成功事例
  • 研究開発 - AMパウダーの品質と印刷適性を高めるための継続的な研究開発への投資
  • 費用対効果 - コストと品質、一貫性のバランスをとり、価値を最大化する
  • リードタイム - 必要な数量の納期を守るサプライヤーの能力
  • カスタマーサービス - 問い合わせへの対応、技術サポート、アフターサービス

大量調達の前に、数社の候補サプライヤーを評価し、参考サンプルを入手し、技術データを検討し、印刷結果を検証することを推奨する。

AlSi7Mgパウダーの長所と短所

AlSi7Mgは汎用性の高いアルミニウム合金粉末だが、いくつかの制限もある。

長所

  • 高い強度対重量比
  • 良好な熱伝導性
  • 優れた寸法精度
  • 複雑な形状に対応
  • 耐食性と耐摩耗性
  • 幅広く利用でき、費用対効果が高い

短所

  • 鋼鉄より低い最高温度耐性
  • 不適切に印刷された場合、ポロシティが発生しやすい。
  • 高ケイ素Al合金より低い硬度
  • 後加工と熱処理が必要
  • ダイキャスト部品より劣る表面仕上げ

ほとんどの用途では、軽量、性能、幾何学的自由度という長所が短所を上回ります。印刷中のパラメータ最適化と品質管理は、結果を向上させる。

AlSi7Mgパウダーと代替品との比較

以下に、AlSi7Mgと積層造形用の代替合金粉末を比較する:

合金AlSi7MgAlSi10Mgアルミニウム6061チタン Ti6Al4V
密度2.7 g/cm32.7 g/cm32.7 g/cm34.4 g/cm3
引張強度430 MPa480 MPa230 MPa850MPa
伸び8%3%12%10%
熱伝導率150 W/m-K150 W/m-K180 W/m-K7 W/m-K
耐食性グッドグッド中程度素晴らしい
最高使用温度200°C250°C330°C550°C
リードタイムショートミディアムショートロング
コスト低いミディアム低い高い

ほとんどの軽量化用途では、AlSi7Mgが強度、熱的特性、製造可能性、コストのベストバランスを提供する。高シリコンAl合金は硬度と耐熱性を向上させますが、延性は低下します。チタン合金は優れた特性を提供しますが、コストとリードタイムが高くなります。

AlSi7Mg粉末のサプライヤーを選択する方法

適切なAlSi7Mg粉末サプライヤーを選択するには、いくつかの要因に依存します:

品質と一貫性

  • サプライヤーは厳格な品質管理基準と手順を持つべきである。
  • 化学分析、粒子形態、ロット間で均一な微細構造
  • 顧客の不合格率と粉体性能に関するフィードバック

テクニカルサポート

  • 合金のカスタマイズ、アプリケーションテストの実施能力
  • 経験に基づく印刷パラメータの推奨
  • 技術的な問い合わせやサンプル分析への迅速な対応

空室状況と配送

  • 少量の試作品から大量生産まで対応可能
  • 標準素材、カスタム素材ともに、リーズナブルなリードタイム

価格

  • アプリケーションのニーズに基づいたコストとパフォーマンスのバランス
  • ふるい分け、ブレンド、調査サポートなどの付加価値サービス

カスタマーサービス

  • 要望、見積もり、懸念事項への対応
  • チームのプロ意識と技術的専門性

認証

  • ISO 9001などの品質マネジメントシステム認証
  • 業界固有のAMパウダー認証

供給の安定性を確保するため、少なくとも2~3社のサプライヤーをテストによって認定することが推奨される。

主要産業におけるAlSi7Mgの用途

AlSi7Mgは、航空宇宙、自動車、工業、消費者分野で広く使用されている。

航空宇宙

  • 構造用ブラケット、機体部品、熱交換器
  • 高荷重を受けるエンジンおよび着陸装置部品
  • 鋳造や機械加工では不可能な複雑な形状
  • 30-60%のアルミニウム合金に対する軽量化

自動車

  • ピストン、ターボチャージャー、トランスミッションケースなどのパワートレイン部品
  • エンジン部品の高温耐性
  • 強固で剛性の高いサスペンション・パーツ
  • パフォーマンス向上のためのカスタマイズ設計

インダストリアル

  • 強度、耐振動性を備えたロボット部品
  • 耐久性と寸法安定性を備えた治具、固定具、プレスツール
  • 生産性を高めるカスタマイズされたグリッパー、エンドエフェクター
  • 陳腐化したスペアパーツの少量生産

消費者

  • 軽量ドローン、高強度フレームのクアッドコプター
  • ゴルフクラブ、自転車部品などの運動用具
  • 高性能RCカー部品
  • オーダーメイドの装具・補綴器具

AlSi7Mgを使用することで、エンジニアはこれらの産業において、性能、カスタマイズ、軽量化を最大限に高めることができます。

材料組成がAlSi7Mg粉末の特性に与える影響

AlSi7Mg粉末のユニークな特性は、その基礎となる材料組成と微細構造に由来する。

アルミニウムの役割

アルミニウム・マトリックスがもたらすもの:

  • 低密度 - 密度2.7 g/cm3 対 スチール7.8 g/cm3
  • 放熱のための優れた熱伝導性
  • 高い反射率と非磁性

シリコンの役割

シリコンの合金元素:

  • 析出硬化による強度の向上
  • 鋳造性と溶接性を高める
  • 硬質Si粒子による耐摩耗性の向上
  • 熱膨張係数の低減

マグネシウムの役割

マグネシウムの添加:

  • 固溶体強化により合金を強化
  • 延性などの機械的特性の向上
  • 穀物組織の管理を補助

合金組織

AlSi7Mg微細構造における主要相:

  • α-Al一次マトリックス
  • シリコン粒子 - 硬度を高める
  • 金属間化合物 - 強度を向上
  • 均一な細粒による結晶粒の微細化

この最適化された組成は、AMに必要な強度、延性、熱安定性、耐食性の優れたバランスを提供する。

AlSi7Mg部品の設計原則

AlSi7Mg粉末で3Dプリントする部品を設計する際に従うべき設計ガイドラインを以下に示します:

  • 良好な機械的特性を得るために肉厚を0.3~0.8mmに最適化
  • 応力集中を軽減するため、最小半径0.5mm以上のフィレットとラウンドを含む。
  • 必要に応じて、熱伝達を改善するために微細な冷却チャネルと格子を設計する。
  • 全ストック寸法をわずかに大きくすることで、後加工を可能にする。
  • 支持構造を考慮した設計 - 大きな張り出しと45°以下の角度を最小限に抑える。
  • 製造方向に沿った断面積の大きなばらつきを避ける
  • 後処理を可能にするため、穴/ボアのサイズをわずかに小さくする。
  • 印刷後のパウダー除去を容易にするため、封入量を最小限に抑える
  • ビルドプレートから部品を損傷なく簡単に取り外せるようにする。

Design-for-AMの原則に従うことで、AlSi7Mg粉末を使用した3Dプリンティングの利点をフルに発揮することができます。

AlSi7Mgパウダー

AlSi7Mg印刷プロセスを最適化する方法

AlSi7Mg印刷プロセスの最適化には、パラメータ、粉末の品質、後処理の適切な組み合わせを見つけることが必要である。

印刷パラメータ

  • 良好な表面仕上げと解像度を得るには、30~100ミクロンの層厚を使用する。
  • 特定の部品形状に対して、異なるレーザー出力、スキャン速度、ハッチ間隔をテストする。
  • スキャン戦略の最適化 - ストライプ対チェス盤、レイヤー間の交互方向
  • 支柱を最小限にし、大きな張り出しを避けるように部品の向きを変える。

パウダー

  • 流動性が良く、粒度分布が最適化された高品質の粉末を使用する。
  • 一貫性を保つために、新鮮なパウダーを使用するか、プリントの間にふるい/ブレンドすることを考慮する。
  • 水分を除去するため、パウダーを80~100℃で1~4時間予備乾燥させる。

後処理

  • 残留応力を緩和するための応力除去熱処理
  • HIP(熱間静水圧プレス)による内部ボイドの除去
  • 機械加工/研削による表面粗さの改善と重要寸法の達成
  • 最高の強度と硬度を実現するT6熱処理
  • ショットピーニングによる表面仕上げと耐疲労性の向上

高品質のAlSi7Mg部品を一貫して生産するためには、継続的なテストとプロセスの改良が鍵となります。

航空宇宙用AlSi7Mg粉末

AlSi7Mgは、その優れた強度対重量比により、航空宇宙部品に選ばれる金属粉末合金として登場した。

航空宇宙産業のメリット

  • 30%はチタン合金より軽く、60%はニッケル合金より軽い。
  • 疲労、腐食割れ、クリープ変形に強い
  • 300℃までの高温で安定
  • 直接金属レーザー焼結(DMLS)よりも滑らかな表面

コンポーネント例

製造される代表的な航空機部品には以下のようなものがある:

  • 構造用ブラケット、油圧マニホールド、燃料ライン
  • 動的荷重を受ける主翼と着陸装置部品
  • エンジンマウント、ハウジング、熱交換器
  • 工具用コンフォーマル冷却チャンネル

航空宇宙規格

主な規格は以下の通り:

  • AMS 4242 - AlSi7Mg鋳造合金の組成限界
  • AMS 7001 - AMアルミニウム粉末分類システム
  • AMS 7016 - AlSi7Mg AM粉末の仕様
  • AMS 7032 - AM航空宇宙部品の品質要件

参加資格

AlSi7Mgの印刷部品を飛行に使用するには、広範な試験が必要である:

  • 引張、疲労、破壊靭性、腐食、熱
  • CADモデルとの適合性 - GD&T
  • 非破壊検査 - CTスキャン、X線検査
  • 微細構造の特性評価
  • 鍛造部品との比較

AlSi7Mgは、従来の製造では不可能だった、より軽く、より強く、より高性能な航空機の設計を可能にする。

自動車用AlSi7Mg

AlSi7Mg粉末は、軽量で高強度の自動車部品の印刷に有利である。

メリット

  • 鋳造アルミ合金に対して最大50%の軽量化
  • コンポーネントを1つの3Dプリント部品に統合
  • カスタマイズ可能なデザインで機能性を向上
  • 機械加工に比べて材料の無駄が少ない

コンポーネント例

  • ピストン - 最適化された冷却ギャラリーの設計
  • シリンダーヘッド - 高温、圧力負荷
  • ブレーキディスク-耐摩耗性と高温耐性
  • サスペンション部品 - 高い強度と疲労寿命

自動車規格

関連する規格は以下の通り:

  • ISO 17296-3 - AM 金属部品の仕様
  • ASTM F3001 - 医療用/航空宇宙用AM合金の規格
  • VDA 6.1 - 表面仕上げの要件
  • カスタムOEM規格 - VAG 4657など

自動車関連資格

適格性試験の対象:

  • 引張、圧縮、疲労、破壊、衝撃特性
  • 耐食性 - 塩水噴霧、大気試験
  • 耐用年数にわたる機械的特性の検証
  • 光学およびSEMによる微細構造評価
  • による密度分析

AlSi7Mg粉末の動向と発展

AlSi7Mg合金系は、新しい粉末開発と印刷技術革新によって進化し続けている。

パウダーの改良

  • 高強度化のためのシリコン含有量の増加 - AlSi10Mg、AlSi12Mg合金
  • 解像度を高めるファインパウダー - 5~25ミクロンの粒子径
  • 酸素と窒素の不純物レベルが低い
  • 粉体の流動性と散布性が向上

プリンター機能

  • 最大500 x 500 x 500 mmの大型造形物
  • 生産性を高めるマルチレーザーシステム
  • 一貫性を保つクローズドループ・プロセス制御
  • 統合された粉体処理とリサイクル

後処理

  • 自動サポート除去および表面仕上げ
  • 総合熱処理炉
  • 部品をその場で熱間静水圧プレス(HIP)する能力
  • CTスキャンによる自動検査

アプリケーション

  • 航空機の構造部品への使用増加
  • ホイールハブなどの大量生産自動車部品
  • 格子構造のカスタム整形外科インプラント
  • 射出成形金型におけるコンフォーマル冷却チャンネル

付加製造ワークフロー全体の進歩により、ミッションクリティカルな用途へのAlSi7Mgの採用が拡大するだろう。

AlSi7Mg粉末の課題と限界

その長所とは裏腹に、AlSi7Mgには技術者が知っておくべき課題もある。

冶金的課題

  • 凝固割れ傾向-慎重な凝固管理が必要
  • ガス巻き込みによる空隙 - プロセスの最適化が必要
  • 熱処理は寸法変化を引き起こす可能性がある

プリントの課題

  • 高い反射率は、より高いレーザー出力を要求する
  • 鋳造部品の表面仕上げが難しい
  • 残留応力は部品を歪ませたり、ひび割れの原因となる。

パフォーマンスの限界

  • 鋼鉄に比べ、硬度と耐摩耗性が低い。
  • 300℃以上の高温用途には適さない
  • AlSi12Mgのような高ケイ素Al合金よりも強度が低い。

プロダクション・チャレンジ

  • 現在は航空宇宙と自動車に限定 - 高コスト
  • 後処理にかかる時間とコスト
  • バリデーションと適格性確認の努力

合金、パラメータ、技術の継続的な開発により、AlSi7MgのAM能力は著しく進歩するだろう。

AlSi7Mgパウダー

よくあるご質問

金属積層造形用AlSi7Mg粉末に関するよくあるご質問をご紹介します:

AlSi7Mgの主な利点は何ですか?

AlSi7Mgは、優れた強度対重量比と優れた延性、熱特性、耐食性を兼ね備えている。軽量化と設計の自由度を可能にします。

一般的にどのような産業でAlSi7Mgが使用されているか?

現在AlSi7Mg粉末を使用している主な産業は航空宇宙と自動車である。しかし、産業機械、医療機器、消費者製品での採用も増えている。

AlSi7Mg粉末の一般的なコストは?

AlSi7Mg 粉末の価格は現在 1kg あたり $80-120 程度で、航空宇宙グレードの方が高い。価格は数量とサプライヤーによって異なる。

AlSi7Mg部品にはどのような熱処理が施されますか?

T6熱処理が一般的で、溶体化処理、焼入れ、人工時効処理により強度がピークに達する。HIP処理も可能。

AlSi7Mgは印刷時にサポートが必要ですか?

はい、変形を避け、オーバーハングが垂れ下がったり反ったりするのを防ぐために、印刷中にサポートが必要です。

AlSi7Mg粉末にはどのような規格が適用されますか?

主な規格は、組成に関するAMS 4242、分類に関するAMS 7001、AM粉末仕様に関するAMS 7016である。

AlSi7Mgの部品にはどのような後処理が必要ですか?

後処理には、サポート除去、熱処理、HIP、機械加工、研削、研磨、コーティングなどがある。これにより、仕上がりと特性が向上する。

AlSi7Mg印刷では、どのような表面仕上げが期待できますか?

プロセスの最適化により、AlSi7Mgプリント部品の表面粗さRaは10-15ミクロン程度を達成できる。

AlSi7Mg粉末に安全衛生上のリスクはありますか?

他の金属粉末と同様、反応性や可燃性があるため、取り扱いや保管には注意が必要である。適切なPPEを使用すべきである。

より多くの3Dプリントプロセスを知る

この記事をシェアする

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

目次

一番人気

連絡先

お問い合わせ

オン・キー

関連記事

TA15チタン合金粉末

TA15チタン合金粉末

先端材料の領域において、チタン合金は、その強度、軽量性、弾力性の卓越したブレンドの頂点に君臨しています。しかし、この金属王国の中で、TA15チタン合金粉末は際立っています。

続きを読む "
Ti-6Al-4V 粉末

Ti-6Al-4V 粉末

驚異的な強度を持ちながら驚くほど軽量で、熟練した戦士のように腐食を受け流す素材を想像してみてほしい。それがTi-6Al-4V粉末の魔法であり、先端製造業の世界におけるゲームチェンジャーなのです。

続きを読む "
純アルミニウム粉

純アルミニウム粉

浮くほど軽く、しかもロケットや火薬の重要な部品になるほどの強度を持つ金属を想像してみてほしい。それが、万能材料である純アルミニウム粉末の魅惑的な世界だ。

続きを読む "
AlSi7Mgパウダー

AlSi7Mgパウダー

重量を最小限に抑えながら、複雑で高強度の部品を驚くほど細部まで作り上げることを想像してみてください。それが、積層造形の世界を変える革命的な材料、AlSi7Mg粉末の魔法なのです。

続きを読む "
small_c_popup.png

話をしよう

お問い合わせ