3Dプリントに最適なin718パウダー

IN718粉末はニッケル基超合金粉末で、粉末床溶融や直接エネルギー蒸着などの付加製造プロセスで広く使用されています。ニッケルを主成分とし、クロム、鉄、ニオブ、モリブデン、その他の元素が添加されています。これらの元素の組み合わせにより、最終的なプリント部品に卓越した機械的強度、耐食性、高温能力が付与される。

迅速な配達
高い真球度
高品質
小さなMOQ
この製品を共有する

商品説明

IN718粉末の特性

IN718粉末は、積層造形用途に非常に適したいくつかの重要な特性を示します。これらには以下が含まれます:

  • 高い強度: IN718部品は優れた引張強さと降伏強さを持ち、要求の厳しいエンジニアリング用途に適しています。
  • 耐食性: IN718粉末に含まれるクロムの存在は、酸、アルカリ、高温酸化を含む様々な腐食環境に対する耐性を高めます。
  • 耐熱性: IN718パウダーは高温に耐えることができるため、極度の熱や熱サイクルにさらされる用途に最適です。
  • 耐疲労性: IN718粉末で作られた部品は優れた耐疲労性を示し、耐久性と寿命を保証します。
  • 溶接性: IN718パウダーは溶接性に優れているため、必要に応じて印刷パーツの修理や修正が可能です。

4.積層造形におけるIN718 粉末の用途

IN718パウダーは、様々な産業分野で幅広く使用されています。主な用途は以下の通りです:

  • 航空宇宙 IN718粉末は、高い強度と耐熱性を必要とするタービン部品、エンジン部品、構造部品の製造に航空宇宙分野で広く使用されています。
  • 自動車: IN718粉末は、自動車産業において、軽量で高性能なエンジン部品、排気システム、ターボチャージャー部品の製造に利用されています。
  • メディカルだ: IN718粉末は、生体適合性と高い機械的強度が要求される手術器具、整形外科用インプラント、歯科用補綴物の製造に医療分野で使用されています。
  • エネルギーだ: IN718粉末は、エネルギー分野でガスタービン部品、原子炉部品、石油・ガス産業機器の製造に利用されている。

5.IN718粉末を使用する利点

積層造形におけるIN718粉末の利用には、以下のような利点がある:

  • デザインの柔軟性: IN718パウダーは、従来の製造方法では困難または不可能な複雑な形状や複雑なデザインの製造を可能にします。
  • 廃棄物の削減: IN718粉末を使用した積層造形は、減法的製造プロセスと比較して材料の無駄を最小限に抑え、コストと環境への影響を低減します。
  • ラピッドプロトタイピング: IN718パウダーは、プロトタイプの迅速な製造を可能にし、設計の反復的改善を促進し、製品開発サイクルを加速します。
  • カスタマイズ: IN718パウダーは、部品のカスタマイズを可能にし、特定の要件に対応し、全体的な性能を向上させます。

6.IN718粉末の課題と限界

IN718パウダーには多くの利点がある一方で、以下のような課題や限界もある:

  • パウダーの品質管理: パウダーの品質を一定に保つことは、信頼性が高く欠陥のない部品を実現するために極めて重要です。パウダーの適切な取り扱い、保管、品質管理は不可欠です。
  • 処理パラメータ: クラック、反り、残留応力などの問題を防ぐには、レーザー出力、スキャン速度、層厚などの加工パラメータを最適化する必要がある。
  • サポート体制: 冷却中の高い熱勾配と収縮のため、部品の歪みを防ぎ、寸法精度を確保するためには、適切な支持構造を採用しなければならない。

7.積層造形用IN718粉末の準備

積層造形用にIN718粉末を調製するには、通常、以下の工程を経る:

  1. パウダーハンドリング: IN718パウダーは、吸湿や汚染を防ぐために管理された環境で保管されるべきである。ふるい分けや流動性評価などの適切なパウダーハンドリング技術を実施すべきである。
  2. パウダーベッドの準備: パウダーベッドは、ビルドプレートまたは基板上にIN718パウダーを均一に散布することで慎重に準備されます。層の厚さは、希望する部品の解像度を達成するために制御されます。
  3. 印刷工程: 粉末床溶融や直接エネルギー蒸着などの付加製造プロセスは、適切な装置とプロセスパラメーターを使用して実施される。部品形状は層にスライスされ、レーザーまたは電子ビームが粉末粒子を選択的に融合させて所望の形状を形成する。

8.IN718パウダー使用のベストプラクティス

積層造形におけるIN718粉末の使用を最適化するには、以下のベストプラクティスに従うべきである:

  • プロセスパラメータを最適化する: 希望する部品の品質と性能を達成するために、加工パラメータを慎重に較正し、微調整します。これには、レーザー出力、スキャン速度、層厚の最適化が含まれます。
  • 品質管理措置を実施する: 粉体の品質、部品の完全性、寸法精度を監視するために、厳格な品質管理手段を確立する。定期的な検査と試験を実施し、問題があれば速やかに特定し、是正すること。
  • 後処理のテクニック: 熱処理、応力除去、表面仕上げなどの適切な後処理技術を採用し、印刷部品の特性と性能を向上させる。

9.IN718部品の品質管理と試験

IN718部品の品質と完全性を確保することは極めて重要です。以下のような様々な試験や品質管理技術を採用することができます:

  • 非破壊検査: X線検査、超音波検査、CT(コンピュータ断層検査)などの技術を使って内部欠陥を検出し、部品の品質を確保することができる。
  • 機械的試験: 引張試験、硬さ試験、衝撃試験を行い、機械的特性を評価し、IN718部品の性能を検証します。
  • 微細構造解析: 光学顕微鏡や電子顕微鏡などの顕微鏡分析技術は、印刷部品の微細構造、結晶粒の形態、相組成に関する洞察を提供する。

10.IN718部品の後処理技術

後処理は、IN718部品の特性と表面仕上げを向上させる上で重要な役割を果たします。一般的な後処理技術には以下が含まれます:

  • 熱処理: 固溶化熱処理や時効硬化などの熱処理工程は、IN718部品の強度や靭性などの機械的特性を向上させることができます。
  • 表面仕上げ: 機械加工、研磨、ショットピーニングのような技術は、所望の表面仕上げ、寸法精度、美的外観を達成するために採用することができる。

11.IN718粉末の今後の動向と発展

IN718粉末と積層造形の分野は絶えず進化している。今後注目すべき動向や発展には以下のようなものがある:

  • パウダーの品質向上: 粉末製造工程と品質管理手段の進歩により、IN718粉末の一貫性と信頼性はさらに高まるだろう。
  • 最適化されたプロセスパラメータ: 現在進行中の研究は、欠陥を最小限に抑え、部品の品質を向上させ、印刷速度を上げるために、プロセスパラメーターを最適化することを目的としている。
  • 先進合金: 耐熱性や機械的強度を向上させるなど、特性を強化した新しいニッケル基超合金の開発により、積層造形の応用範囲が広がる。

12.結論

IN718粉末は、積層造形において重要な役割を果たす万能材料です。高強度、耐食性、耐熱性などの優れた特性により、航空宇宙、自動車、医療、エネルギーなどの産業における幅広い用途に適している。IN718の使用には課題や制限がありますが、適切な取り扱い、プロセスパラメータの最適化、品質管理対策の実施により、高品質のIN718部品の印刷を成功させることができます。

13.FAQ(よくある質問)

  1. Q: IN718パウダーは異なる積層造形プロセスで使用できますか? A: はい、IN718パウダーは、粉末床溶融や直接エネルギー蒸着を含む様々な積層造形プロセスに適合します。
  2. Q: 積層造形にIN718粉末を使用する主な利点は何ですか? A: 主な利点としては、設計の柔軟性、材料の無駄の削減、迅速なプロトタイピング、カスタマイズオプションなどが挙げられる。
  3. Q: IN718パウダーが最も恩恵を受けるのはどのような産業ですか? A: 航空宇宙、自動車、医療、エネルギーなどの産業は、積層造形におけるIN718粉末の使用から大きな恩恵を受けています。
  4. Q: IN718の部品の品質はどのように保証されますか? A: 非破壊検査、機械試験、微細構造分析などの品質管理手段を採用することで、IN718部品の品質を確保することができる。
  5. Q: IN718パウダーと積層造形の今後のトレンドは? A: 今後の動向としては、粉末品質の向上、プロセスパラメーターの最適化、特性を向上させた先端合金の開発などが挙げられる。

PREPシステム

AMパウダー

製品メニュー

お問い合わせの送信

ご質問は?今すぐメッセージをお送りください!私たちはあなたのメッセージを受け取った後、チーム全体であなたの要求を提供します。 

アプリケーション

業界における私たちの役割

HIPテクノロジー

熱間静水圧プレス(HIP)技術は、製品を密閉容器に入れ、不活性ガスを充填し、非常に高い温度(通常は材料の鍛造温度に近い)と非常に高い圧力(通常は100~140MPa)で製品を焼結または緻密化することによって機能する。これにより、製品を焼結または緻密化することができる。

MIMテクノロジー

MIM製品は、複雑な形状、正確なサイズ、高い強度を持ち、自動的に大量に生産することができるため、従来の金属加工の複雑さとコストを大幅に削減することができる。

SLMテクノロジー

SLMはSelective Laser Melting(選択的レーザー溶融)とも呼ばれ、原理的にはSLSと同様で、レーザーを使って金属粉末を特定の領域で溶融・凝固させ、それを層ごとに積み重ねて成形する。

EBMテクノロジー

電子ビーム溶解とは、高真空下で金属を溶解するための熱源として、高速電子ビーム流の運動エネルギーを熱に変換する真空溶解法を指す。略称はEBM。

人気サービス

プロフェッショナル・サービス
積層造形用

各種製品

ここでは、40以上のグレードの高品質パウダーを提供しています。

3Dプリンティング

SEBM&PREPの技術と設備。

カスタマイズ

OEM/ODMを受け入れる

ノーリスク

完璧なサプライチェーン・レイアウト

高品質

トップセールスと品質

適正価格

高品質な製品をリーズナブルな価格で

お問い合わせを送信

弊社製品にご興味をお持ちいただき、誠にありがとうございます。お見積もりやご協力のお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームよりお気軽にお寄せください。24時間以内に担当者よりご連絡させていただきます。 

small_c_popup.png

話をしよう

お問い合わせ

small_c_popup.png

話をしよう

お問い合わせ